Xylifive

ゲイによる雑記

経過

 およそ1ヶ月半、しっかり休んでいたらいよいよ期日が迫ってきて、また焦る気持ちに逆戻り。7月・8月はほとんど家から出ず、ゲームをしていた。ドラクエ最高です。

 これが4月・5月だったら不安や焦燥でちょっとしたパニックになっていただろうと思うと、「まあ最低限やればいい」と気持ちをコントロールできている分、いい状態を保てているのを感じる。とはいえ焦りがあるのも事実で、騙し騙しやっているような感は否めない。

 相変わらず、というか増量してジェイゾロフトは50mgを服用している。部屋には薬の包装が散らばっていてやや不健康だが、家から出ない日でもカーテンをあけて、日光を浴びるといくらか気分が楽になることを最近になって発見した。曇りの日でも室内灯の明るさより太陽の方がずっと明るいらしい。いつまで薬を飲み続けるのか、換言すればいつまで病気にかこつけていられるのかはまだわからない(病気と診断されているわけではないけれど)。睡眠障害はよくなってきている気がする。

 長期的な視野がないまま毎日を凌ぐ一方で、高いところに登って見つめ直してみると、ふっと我に返って不安になる。無事是名馬? ひとまず今の生活に上手く対処できるようになるまでは先送りにすることを許したい。

   お恥ずかしながら最近になって夜と霧を読んだら、「わかるー」とギャルになった。そして、「なぜ生きるのか?」と問うときに、生きることは楽しいという前提を置いていることに気が付いた。なんたる浅ましさであろう。気が付いたはいいけれど脱する境地は遥か先、なのでそのクエスチョンは棚置きにしておこうと思う。