読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学/ジョナサン・ハイト

社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学
 
  1. 人間は自動的な(非意識的な)過程で道徳的に正しいかどうかを判断し、統制的な(意識的な)過程でその判断への理由付けを行う
  2. 道徳は一般に考えられている「他の人を傷つけてはいけない」というものだけではなく、6種の次元がある。こうした道徳の概念・道徳を重視する心のあり方は、自集団の生き残りのために獲得されてきた心の形質である。
  3. 政治的イデオロギーの違いは重視する道徳次元の違いで議論できる。道徳というシステムは内集団志向的なので、自分が所属する集団、すなわち自分が支持する政治的イデオロギーが「正しい」と盲信してしまいがちである。

 大きく分けると上記3つのような話。

 1は、心理学で非常によくある話(意識的過程/非意識的過程)なので目新しさはなかった。『鶏肉で自慰行為をした後に食べた』という文章を読ませて道徳的に良いか悪いかを判断させるなど、彼のユニークな実験を知ることができる。

 2は、やや構成概念をこねくりまわしているような印象を受けた。6つの次元で過不足がないのか・その6つの次元がラベルとして妥当なものであるのか、という批判はもちろんだが、それ以前にこうした概念構成があまり好きではないので、読み進めるのがやや苦になった。とはいえ、道徳を重視し、正しくあろうとする認知・行動傾向が「なぜ」備わっているかという視座のもとで議論していることは意義深い(心理学では、しばしば「ある傾向が備わっていること」が「いかに」影響するのかの議論に終止する)。

 また、このセクションの中では遺伝子における利己主義と利他主義を対立させていたが、これは素直に頷けなかった。――個体の生き残りに有効な形質を持つ遺伝子を利己主義的な遺伝子だとすると、集団の生き残りに有効な形質を持つ遺伝子が利他主義的な遺伝子であり、前者が9割、後者が1割であるかのように議論がなされていた。しかし、そもそも集団の生き残りは個体の生き残りにつながるのであるから、必ずしも利己主義・利他主義の対立軸を設定する必要はないのではないか。――と。とはいえ集団淘汰・マルチレベル淘汰あたりの話には明るくないので(そもそも適応の議論もかじった程度なので)、きちんと理解できていないだけかもしれない。

 3はより実際的な話として、保守とリベラルとの対立を道徳心理学の知見から議論していた。曰く、保守は6つの道徳次元に訴えかけるような主義主張を持つが、リベラルは2つのみであるため訴求性が弱く、“負ける”のだという。また、政治的イデオロギーは「非意識的」に決定されるために、変容が難しいという。

 第2のセクションで躓きを覚えたので、保守 vs. リベラルの対立(および優勢の違い)は道徳次元への訴求性によって規定される――と言われても・・・という感があった。筆者もこの本の冒頭で、研究者は自分の研究分野を以って大きなことを言おうとするものであり、自分もそうするつもりだと前置きしていたので、(ある意味で)過大に議論を広げている自覚はあるようだ。そうした前置きをしなければならないほどに、道徳次元を保守 vs. リベラルの対立を論じる主要なファクターとして用いるのは“飛んだ”ことなのかもしれない。

 ~~~

 この本を読み始めたのが2月初旬、この記事を書き始めたのが中旬なので、だいぶ記憶が飛んでいる。この辺でやめておくことにする。「対立を超えるための」方法が示されていたのか、あるいは表紙にあるように「リベラルはなぜ勝てないのか?」への答えが示されていたかも記憶が定かではない(もし「リベラルも6つの道徳次元に訴えろ」であったら、それは筆者の論に従えば保守主義と同じ土俵に立つにすぎないのであり、勝てるわけではないように思われる)。

 心理学、特に道徳判断に関する話をかじったことがあればそれほど目新しい話はないかもしれない。予備知識がない方が余計な茶々を入れずに読めるので、楽しめるのではないか。