Xylifive

ゲイによる雑記

9.15

■戦線離脱

 幸福の総量は決まっていて、牌を奪い合っている。誰かの豊かさは自分の貧しさの上に成り立っている。

 そんな発想に基づくあれこれを見るたびにウッとなって、自分はそういう競争から離れていたいと思う。上野千鶴子が共に貧しくと書いて大炎上していたが、現実に則しているかはさておくとしても、その発想は分からないでもなかった。隣の芝生を羨んでばかりだが、身の丈を理解し、足ることを知りたい。とはいえ欲が原動力になることも事実で、その点で言うと自分には積極性が足りない。バランスがむつかしい。

 

■車内マナーの向上にご協力ください

 中学生の頃から電車通学だったので人生の半分以上は優に公共交通機関とお付き合いしているのだが、ここ数年マナー向上を呼びかける放送が増えたように感じている。「混み合いました車内では鞄を前に持つなど、他のお客様の御迷惑にならないように・・・」、「駆け込みますと危険なだけでなく、電車が遅れるなど他のお客様の御迷惑になりますのでおやめください」等々。ひょっとしたら増えているわけではなく、音楽を聞きながら電車に乗らなくなったために、車内放送が耳に入るようになっただけなのかもしれないが。昔習った漢文に――人生で人とすれ違うたびに道を譲っても、百歩ぐらい横にずれるだけだ――というようなものがあったと記憶しているが、人様にかけられる御迷惑に寛容でありたいと思う。と言いつつ降車を優先しない人にぶつかっていくのだが。

 

■原因と結果

 北朝鮮がミサイルを打ってきた。上空を通過した地域の方々には大変申し訳ないが、あまり現実味がない。

 ミサイルも地震も自分にはどうしようもないことなので、それによって引き起こされる諸々を想定しても、なるようにしかならないと思ってしまう。これはまだそうした危機に直面したことがないからこそ抱ける楽観なのであろう。しかしまあ、須らく暴力というのはそうで、たとえば被害者も含めた我々は犯人の動機や加害に至るあれこれを知りたがるけれど、結果だけ見れば突然降り掛かってくる災害とそう変わらないのではないか。そういう意味では物事を絶対に因果にもとづき理解しようとする性質はふしぎである。生まれてすぐ、赤ちゃんを一切の因果が存在しないような環境で育てていったら、大人になったとき世界をどう理解するのだろう。

ゲイアプリ:プロフに書くことがない問題

 久々にアプリでも再開するかー、とあれこれパスワードを試してようやくログイン下はいいものの、プロフに書くことがなくて手が止まった。なんなら載せる写真もないが、少なく見積もってもここ5年ほどは容姿にも体型にも大きな変化はないので、古いのを使いまわしても許されるだろう。(そういえば三浦しをんって最近エッセイ書いているのかな。)

 好きな音楽? 好きな本? 好きな休日の過ごし方?

 まあ宇多田ヒカルは好きだし、小説から漫画までなんでも読むけどその中でも好きなものはあるし、休日は家で過ごすことが多いし、だから何かしら書くことはある。書くことはあるけれど、それを書いても自分が像を結ぶような感じがしない。

 きっと自分が顔もしくは体の画像を見て、蓮舫顔負けの速度で仕分けているせいだろう。プロフはせいぜい、「浜崎あゆみEXILEが好きな人とは9割方合わない」とか、「偏差値30ぐらいかな?」とか、そういうNG要素を確認するために見ている程度だ。だいたい、NG要素を確認することとは矛盾するが、趣味が一致しても居心地がいいとは限らないのでプラスに作用することはほぼない。

 そんなわけで自分のプロフに書くことも特にない。好みのタイプはあまり喋らない人、こちらにあまり関心を持たない人だが、ニュアンスが難しいので書けない。性的なお誘いは歓迎だがそれを書くのもちょっと憚られる。そうこうしているうちに行き遅れていく。

 記事タイトルと内容、どっかで見たもののn番煎じ也

経過

 およそ1ヶ月半、しっかり休んでいたらいよいよ期日が迫ってきて、また焦る気持ちに逆戻り。7月・8月はほとんど家から出ず、ゲームをしていた。ドラクエ最高です。

 これが4月・5月だったら不安や焦燥でちょっとしたパニックになっていただろうと思うと、「まあ最低限やればいい」と気持ちをコントロールできている分、いい状態を保てているのを感じる。とはいえ焦りがあるのも事実で、騙し騙しやっているような感は否めない。

 相変わらず、というか増量してジェイゾロフトは50mgを服用している。部屋には薬の包装が散らばっていてやや不健康だが、家から出ない日でもカーテンをあけて、日光を浴びるといくらか気分が楽になることを最近になって発見した。曇りの日でも室内灯の明るさより太陽の方がずっと明るいらしい。いつまで薬を飲み続けるのか、換言すればいつまで病気にかこつけていられるのかはまだわからない(病気と診断されているわけではないけれど)。睡眠障害はよくなってきている気がする。

 長期的な視野がないまま毎日を凌ぐ一方で、高いところに登って見つめ直してみると、ふっと我に返って不安になる。無事是名馬? ひとまず今の生活に上手く対処できるようになるまでは先送りにすることを許したい。

   お恥ずかしながら最近になって夜と霧を読んだら、「わかるー」とギャルになった。そして、「なぜ生きるのか?」と問うときに、生きることは楽しいという前提を置いていることに気が付いた。なんたる浅ましさであろう。気が付いたはいいけれど脱する境地は遥か先、なのでそのクエスチョンは棚置きにしておこうと思う。